個人セッションで、思うこと

個人セッションをやってます、地道に(笑)

 

フト、備忘録代わりに書いてみようと思ったのが、今までにセッションをやる中で、最も多かった質問は何だろうというもの。ちなみに私のお客さんは、ほとんどが女性です。


質問の中でも、ダントツの一番は「仕事」についてです。

年齢を問わず、色恋沙汰や夫婦関係よりも圧倒的に多い。

 

まあ恋愛相談の相手として、私はあんまり適当ではないのでしょう、さもありなん…と、そこを差っ引いて考えてみても多い。

 

自分のやっている仕事そのものへの悩みもありますが、ダイレクトにお金という意味合いでの悩みも少なくない。

 

今の日本で、今の時代に、どんな風に、生き延びて行くのかという、サバイバルについて問題が浮上していることの現れだと思います。女性は特に多様化する価値観の中で揺さぶられている。

 

そして、二番目に意外と多いのが、特にコレといったテーマは無いんだけど、何とな〜くちょっと見て欲しいというもの。

 

大きな悩みごとは抱えてないけれど、ぼんやりとした今の自分の状況について、もう少しクリアになってくれるといいな〜といった感じなのですが、実際に見てみると当の本人が思う以上に、大きな人生の岐路に立たされていたり、まさに今が現状確認の時だという人が少なくない。

 

人にはそーゆー時にそーゆー事へ興味を持つことが出来る力が、ちゃんと備わっているんだな〜と実感します。


 

ダントツで質問の多い「仕事」「収入」「お金」といったサバイバルの問題は、取り組む姿勢や考え方などは指し示せても、将来上がる株の銘柄や当たり馬券の番号などは見られません…つーか、そんなのが分かるようなら、私もきっと全く違う人生を送っているに違いない(笑)

 

でもありがたい事に、その手の情報を欲しがるようなタイプは、私のように“成功していない”人には惹きつけられないし、こちらとしても“成功したい”と欲望ギラギラで来られても、そこは少々困ってしまいます。占いとは違うから。

 

そういう人はとかく出てきたメッセージに対して、自分が欲しい内容以外は受け付けない傾向が強い。基本的にカードを引くのは質問者本人なのだから、自分で選んだメッセージを自分で受け取りたくない!もっと違うものが欲しい!となると、なかなかどうしてややこしい事になるのです。

 

まるで何かのドラマが途中で打ち切られるかのように、それまで普通に流れていたエネルギーが突然“ブツン”と切れてしまい、本当に今できるベストなことが見えなくなる。

 

逆にどんなに耳障りなアドバイスであったとしても、ホンの少しでも耳を傾ける姿勢があると、それだけで小さいながらもエネルギーの流れは続き、完全には受け入れられていなくても、質問したその人が自分の正しい答えのある方向へ、自然と顔が向いている感触があるのです。

 

きっと大きな人生の流れに押し出されることが、結果的に質問に対する答えを得ることになるのだろうな…と、思うのでした。

 

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright (c) 2010-2017 APURVA All rights reserved.
このサイトに掲載された情報は無断転載・引用を禁じます。