第3ピークの終わりに

 

数秘では、人生を四つの山に分けて考えます。

 

現在、私は人生の三つ目の山の終わりかけに来ているところです。

 

私の三つ目の山、第3ピークは「5」と「0」のコンビネーション。この二つの数の影響と色合いを持つ山です。

 

この「5」は主に自由と恐怖を意味する数で、特定の型に嵌ることなく瞬間瞬間でどうにでも変わる性質を持つ、まさにエネルギーの数。

 

そして「0」は、基本的にブランクとしてチャートの中でのみ登場する、空っぽの数。

 

この二つの数は、どちらにしても心の拠り所になるような安定性とは、ほど遠いコンビである事が分かると思います。全然、頼れない。アテにできない(笑)

 

枠組みや境界線にとらわれない「5」は、俗世のレベルでは海外旅行の意味もあるので、ピークに「5」があると海外へその時期に行きまくるという影響が出る人も多いのですが、私の場合そういう意味での影響はなく、枠組みや境界線が意味をなさない、どうにも足元がおぼつかない不安定さという形では、もう“バッチリ”影響が出たのでした。イヤ、出ています。現在進行形。

 

個人としては、私の自由なスペース(家)は確保されているけど、それを維持するために必要なお金や仕事といった支えが、呆れるほど安定せず固定されない。そして社会というか、大きく地球からの影響としては、やれ地震だの津波だの原発事故だのなどなどなど、ついでに今だから言える事ですが、その時期は完全なる無職というタイミングだったので、そりゃあもう精神的にも物理的にも余震でグラグラで安心感とは程遠かったのでした(笑)

 

そんな限りなぁ〜く拠り所のない数のコンビネーションにも、ちゃんと良いところはあって、それは形が決まっていない質ゆえに、外に思わぬ形でエネルギーが広がっていくという事。

 

個人セッションは以前からやっていましたが、それが第3ピークに移ってからは、ワークショップをやったり、講座をやったりなどなど…それまでには全く考えもしなかった試みが起きてきたのでした。そしてそれは小規模ながらも、私のパワーを確実に強めてくれたのです。

 

外側の不安定さゆえに、安定する内側の何かが生まれる。

 

この数のコンビネーションの影響は、まだあと少し年単位で続くのですが、最後の方になった今の段階にきて、また強い揺さぶりがやって来ております。グラグラグラ。

 

もういらなくなった古い考えは全て手放してから、いよいよ人生最後の第4ピークへ突入する事になるのでしょう。

 

今はその時のためにも、この不安定さに留まり味わう必要がありそうです。グラグラグラグラ。

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright (c) 2010-2017 APURVA All rights reserved.
このサイトに掲載された情報は無断転載・引用を禁じます。