マンガラ・ジャパン瞑想会 Vol.1

この時期とは思えない位に、東京は寒くて冷えた気候に見舞われましたが、そんな五月最後の日曜日、マンガラ・ジャパン主催の瞑想会が行われました。記念するべき、第一回!(笑)

 

ダンスと瞑想、そしてトート・タロット

最後にはみんなで軽いシェアリング。

 

ダンスと瞑想で、心と身体がほぐれた後は、いよいよトート・タロットの時間。

 

今回は自分が聞きたくて聞きたくてたまらないという質問ではなく、ダンスと瞑想を通して空っぽになった内なるスペースに“フッ”と思い浮かんだ事につい て、まずはフォーカスして行きました。たとえ思い浮かんだ事がどんな内容であっても、タロットに尋ねられるようにシンプルな質問の形にしていきます。

 

この日の参加者さんはタロット・コースを修了していた人がほとんどだったので、 二人でペアを組んでお互いにカードの読み合いっこ。未経験の人や、もうほとんど忘れているという人には、ちゃんとヘルプが入るので大丈夫です。

 

短い時間でしたが終わった後からは、やっぱりタロットは正直だね~ というリアクションが、会場のアチコチから漏れていました(笑)

 

ちなみに私の空っぽになった内側のスペースにやってきたのは、いつもリードする立場に立つと出てきてしまう、毎度お馴染みのネガティブなパターンで「人前で何かを言う立場は向いてないんじゃないか?」「瞑想が足りないんじゃないか?」「自信が無い」等々、体調を崩して調子がイマイチだった事も手伝って、こんなタイミングで自己否定&自己批判の言葉が次から次へと思い浮かぶ浮かぶ浮かぶ。あわわわわ(汗)

 

私は自分の問題について見てもらう事は出来なかったのですが、最後にみんなでOSHO禅タロットを一枚ずつ引いてシェアリングした時、私が引いた一枚はコレでした。

 

 

ブレイクスルー

 

うわぁ~ん。

分かったよ!!!

 

よーく身に染みて分かったよ!‥‥と言いたい衝動に、一瞬駆られてしまったよ(笑)

 

いつまでも、いつまでも、いつまでも、似たような同じ事で“グジグジ”してんなよって事ですね。

 

この様にタロットカードは、どこまでも正直で遠慮しない存在なのです(笑)

 

 

 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright (c) 2010-2017 APURVA All rights reserved.
このサイトに掲載された情報は無断転載・引用を禁じます。